2017年5月28日日曜日

桑の実が食べごろです

5月下旬から6月にかけて、桑の実や天然のさくらんぼが、道端に落ちているのをよく見かけるようになります。

今の時期、木々のある通りで、道の一部が黒ずんでいるところがあれば、そこはほぼ間違いなく桑の木か桜の木の真下です。

特に桑の実は独特の香りと甘さがあって、そのまま食べてもすごく美味しいので、子どもの頃は口の中を紫にして、パクパクよく食べたものです。

ですので、熟した桑の実やさくらんぼがたわわになっていて、誰にも食べられず道路のペンキになっているような状態を見ると、もったいないな〜といつも思います。

そんな思いを込めたスケッチです。