2017年1月20日金曜日

ランニング時の空腹

ランニング時の空腹のイラスト
30代に入ってから、週3で軽い筋トレとランニングを習慣にしています。

ある日、いつものように筋トレ後にランニングを始めました。いつもなら走る前に、筋トレ後のタンパク質補給を兼ねて軽く食事をするのですが、時間が遅かったので「まあいいや」と軽い空腹状態のまま走り始めたのがマズかったようです。

いつもの調子で4kmあたりを過ぎた頃、とつぜん強烈な空腹感に襲われはじめました。まだ折り返し地点で体力的にもちそうになかったので、なんとかショートカットして、ふらつきながらも無事戻ることができました。

別に20km30km走るわけでもないので、本格的なカーボローディングなど必要ないでしょうが、どうも腹減り状態で10km近く走るのは危険なようです。

ちなみにいつも10km近く走るわけではなく、気分の乗らないときや調子があまり良くない時など、別に作った2〜3kmコースを走ります。本当に時間がないときは1km程度の時もあります。決して無理をせず、でも完全にやめたりせず、できる範囲で続けていくことが習慣化するコツのようです。