2017年1月12日木曜日

冬のお散歩

園児たちと保育士のお散歩のイラスト

子どもたちの朝のお散歩の様子です。

東京の冬は連日晴れのことが多いですね。
冬の晴れ間は、空気が澄んでいるので、遠くの景色がすごくきれいに見えるので、寒さを除けば、散歩するのに楽しい時期だと思います。
子どもたちは、こうしたお散歩で無意識に感受性を育てているのでしょうか。情操教育のベース作りのような気もします。

それにしても見ている側はほっこりしますが、保育士さんは大勢連れて大変だと思います。給与を含めて待遇の問題が取りざたされますが、そうした点は適正なレベルに改善して、社会的安定感のうえに、やりがいをもって保育に取り組むプロフェッショナルが増えてほしいところです。